不動産投資の"今"に関するご相談や資料請求はこちら▶
管理
2018/06/29

外国人入居者を迎えることのリスクとその対策

(写真=Pormezz/Shutterstock.com)
(写真=Pormezz/Shutterstock.com)
差別意識の有無にかかわらず、入居者に外国人を迎えることを不安に考えるオーナーは多い傾向です。実際に賃貸物件の情報をみていると、「外国人はお断り」という物件も少なくありません。グローバル化が進んだ日本でなぜこのようなことがあるのでしょうか。不動産のオーナーが過去にさまざまなトラブルと戦っていたという可能性も十分考えられるでしょう。そこで、今回は外国人入居者を迎えるリスクやメリット、対策などについて解説します。

一般的な外国人入居者のリスク

日本のオーナーが外国人入居者を避けるのは、「文化の違いから起きるトラブルを避けるため」ということが理由の一つです。日本人は世界にも例をみないほど、きれい好きでマナーを守る民族といえます。東日本大震災の被災地には、究極の状況下でも取り乱さず、秩序を守る日本人に対して世界中から驚きと賞賛の声が寄せられました。

しかし、世界にはマナーに対する考え方が多くの日本人とは異なる国々もあります。そのため、文化が異なる外国人入居者が日本における非常識な行為をして、強制的に退去を争う事態になることもあります。

・ゴミ出しルールを守らない
・夜中に騒音を出す
・無断で内装を変えてしまう
・注意をしても日本語がわからない(ふりをする)

こういった入居者はオーナーからするとたまったものではありません。内装工事にいたっては賃貸契約の内容に違反するという認識すらないのでしょう。また、せっかく入居者として迎え入れようとしたのに、保証会社に断られてしまうこともあります。ただ、これらのマナー違反や契約違反、信用の問題は、日本人相手でも十分あり得ることです。

しかし、外国人ならではの不法滞在というリスクもあります。ある日、突然警察へ連行されて荷物も滞納家賃もそのままで強制送還されてしまう……といったことが起こる可能性は否定できません。

>>不動産についてさらに詳しく知りたい方はこちら
 

外国人を迎えることのメリット

もちろん、外国人入居者といっても国籍を問わず、大多数の入居者はマナーを守り、家賃も滞りなく支払ってくれる人もいます。なかには、日本人が見習いたいほど真面目な外国人もいるでしょう。しかし、残念ながら日本人相手では想定できないようなリスクを持ちうることも事実と言わざるを得ません。

ただ、これらのリスクに目をつぶるのであれば、外国人入居者を受け入れることによるメリットは少なからずあります。それはターゲットの幅が大きく広がることです。外国人の入居者を断るオーナーが多いということは、裏を返せば「外国人にとって借りられる物件が限定されている」ということになります。そのため、外国人入居者に向けて賃貸の募集をすれば、空室が埋まる可能性は高いといえるでしょう。

外国人専門の保証会社でリスク対策は可能

空室を減らしたいオーナーにとって、「外国人不可」の条件を取り下げるか、それとも前述のリスクを回避するという判断をするかは、悩ましいところなのではないでしょうか。トラブル対応に時間を割くことがあまりできないサラリーマンオーナーならなおさらでしょう。この手間やリスクに対応する有効策があります。それは、外国人専門の保証会社を利用することです。

保証会社はもともと滞納リスクの回避だけが目的ではありません。なかには手を焼く入居者への対応をしてもらうために利用しているというオーナーもいるでしょう。そのため、保証を断られることは大きな痛手となります。しかし、外国人専門の保証会社なら、契約が成立する可能性が高いのです。

例えば、某大手外国人向け保証会社では、さまざまな状況に対応しています。審査時に本国や国内の緊急連絡先、所属している会社などの連絡先を確認して、家賃滞納、残置物撤去、立ち退き訴訟費用を保証してくれる点は大きなメリットです。入居者への対応は英語・韓国語・中国語・ベトナム語・ネパール語などに対応しています。探してみると、オーナーのニーズに応えてくれるサービスは見つかるものです。

「外国人不可」はもったいない

外国人入居者は、日本人に比べて、「マナーに対する考え方が違う」「日本語が通じない」「不法滞在が発覚して突然国に返ってしまう」などのリスクは否めません。しかし、外国人専門の保証会社を利用して外国人入居者を受け入れれば、これらのリスクを回避したうえで高い入居率の維持が期待できるでしょう。「外国人は入居者として検討すらしない」と決めつけてしまうことは不動産オーナーにとって非常にもったいないことといえます。

>>不動産についてさらに詳しく知りたい方はこちら
 

【オススメ記事】
サラリーマンは与信を活かして賢く不動産投資!その方法とは
30歳の企業別年収ランキングを見て「うらやましい」と思った人が取るべき行動
土地や建物がこんなに安い?不動産競売のメリットとデメリット
含み益は確定させなきゃ意味がない!不動産投資の含み益とは
サラリーマン大家の効果的な融資付け

PREV 不動産投資の規模を拡大する方法とそのリスク
NEXT 出口戦略は必要?収益物件を持ち続けることの意義
content.jpg

関連記事

セミナー情報

seminar_schedule_0613.jpg

プラスで運用する中古区分マンション投資~なぜ中古一棟専門業者が、中古区分を扱うようになったのか~

開催日程:2018/07/18 19:00~21:00
会場:東京/ベルサール三田 room3

詳しく見る▶

出口戦略攻略!!中古1棟マンションセミナー

開催日程:2018/06/16 13:00~15:00
会場:東京/ベルサール三田 ROOM3

詳しく見る▶
side.jpg

公式Twitterアカウント