不動産投資の"今"に関するご相談や資料請求はこちら▶
マンション経営の基本
2018/03/02

資産運用としてのマンション経営の魅力

(写真=ShutterOK/Shutterstock.com)
(写真=ShutterOK/Shutterstock.com)

老後の蓄えや生活に余裕を持たせるために、資産運用を考えている人も多いのではないでしょうか?初めて資産運用を行う人にとっては株式投資やFX、不動産投資など資産運用の方法は多岐に渡るため、どの運用方法を選択すればいいのか分かりません。中にはハイリスクハイリターンな運用方法も存在するため、何も知らずして始めることは無謀と言えるでしょう。

株やFX、不動産投資にはそれぞれ特徴がありますが、初心者の人でも比較的安心して資産運用を行うことができる方法として挙げられるのは不動産投資です。なぜ不動産投資が初心者でも安心して行うことができるのか、それぞれの資産運用の特徴を比較していきながら見ていきましょう。

一獲千金が狙える株式投資

株式投資は株式を売買することで株価の変動によって生じた差益を得る資産運用です。優待や配当を目的に株式を保有している人もいますが、1日の値幅の上限が上下1~3割程度になっていることを考えると、優待や数%しかない配当目的のための長期保有にはリスクもあることに留意すべきです。

価格変動の大きさから一獲千金が狙える資産運用の方法と言うことができますが、景気や企業業績が一気に悪化した場合は上場廃止による資産消滅のリスクが存在することと、株価の急落によって資産が凍結されてしまうというリスクがあるため、企業の情報を毎日仕入れていない初心者が投資するには難しい資産運用方法だと言えるでしょう。

FXは投機的側面が強い

FXは売買によって為替変動によって生じた差益を得る資産運用です。国が管理・発行している法定通貨を投資対象としているため、株式投資のように資産が消滅するリスクはありません。通貨によっては価格変動がさほど大きくなく、レバレッジと呼ばれる自己資金の数倍から数十倍の取引ができる方法を用いて取引を行います。

株価は企業の業績などによって変動するためある程度変動を予想できますが、法定通貨は国の情勢など、通貨価値に直接的な影響を及ぼさない要素によって価値が変動する可能性があり、予想するのは簡単ではありません。要人の発言によって急に価格変動が生じる可能性もあります。価格変動のみに目を付けて通貨を交換するユーザーもおり、投機的側面が強い資産運用と言えるでしょう。

マンション経営にはメリットが多い

不動産投資は土地や建物の売買によって差益を得る方法もありますが、主に購入したマンションやアパートを他人に貸し出し、家賃収入を得るという資産運用が個人においては主流です。マンション経営では空室にならない限りは定期的に家賃収入を得ることができるので安定した収入を得ることが期待できるでしょう。

株式投資やFXの場合には自己資金が足りないからといっても銀行から融資を受けることはできませんが、不動産投資の場合には物件に担保価値があり、また融資の返済原資が家賃収入になることから、購入のための融資を受けることが期待できます。融資を受けることで返済中に万が一の事態が生じた場合の生命保険(団信)に無料もしくは安価で加入できるほか、レバレッジによる資産形成の早期化が見込めるでしょう。

不動産所得は給与所得などと合算した後、不動産会社への管理費、水道光熱費などのランニングコストを差し引きます。さらに、実際に支出を伴わない築年数の経過に伴う資産価値の減少を減価償却費として経費に算入でき、所得税の節税効果が期待できます。相続が発生した際も、相続税の算出が購入価格ではなく減価償却後の価格になるため相続税の圧縮にも期待できるでしょう。

まとめ

資産運用にはそれぞれ特徴があり、メリット、デメリットが大きく異なってきます。株式投資は企業価値が上昇すれば大きな利益を得られますが、株価下落や上場廃止などによる資産消滅のリスクがあるということを忘れてはいけません。FXは価格変動が不確定要素による影響を受けやすく、投機的側面が強いため、株式投資とともに初心者には難しい資産運用と言えます。

不動産投資の中でもマンションやアパートなどの経営の場合には、空室にならない限りは安定的な家賃収入が見込めます。それだけでなく、所得税や相続税の節税効果も見込め、不動産投資にはメリットが多く存在します。

マンションやアパート経営をして得た運用益を元手にして物件を増やし、物件を売却し新しい物件に買い直すなど、出口戦略が豊富にあることも不動産投資の魅力です。リスクを最小限に抑えながらある程度の運用益が確保できる不動産投資は、初心者にとっても安心して手を出せる資産運用だと言えるでしょう。

【オススメ記事】
高利回りを狙う人に中古マンション投資をおすすめする理由
マンション経営は物件選びが大事 あなたに最適の投資用物件は?
マンション経営、失敗するとどうなる?リスクを知って未然に防ぐ
中古マンション投資の注意点 新築と比べたときのデメリット3つ
利回り計算 3つの考え方を身に付けて不動産投資を成功させよう

PREV 東京のマンション経営は10年後どうなる?
NEXT ローン返済は?税金は?マンション投資をシミュレーションしてみよう
content.jpg

関連記事

セミナー情報

seminar_schedule_0613.jpg

プラスで運用する中古区分マンション投資~なぜ中古一棟専門業者が、中古区分を扱うようになったのか~

開催日程:2018/07/18 19:00~21:00
会場:東京/ベルサール三田 room3

詳しく見る▶

出口戦略攻略!!中古1棟マンションセミナー

開催日程:2018/06/16 13:00~15:00
会場:東京/ベルサール三田 ROOM3

詳しく見る▶
side.jpg

公式Twitterアカウント