不動産投資の"今"に関するご相談や資料請求はこちら▶
マンション経営の基本
2017/11/17

マンション経営に失敗する人の共通点とは?3つのパターンを解説

(写真=Gajus/Shutterstock.com)
(写真=Gajus/Shutterstock.com)
マンション経営は正しい知識を身に着けることで、失敗する可能性を大幅に減らすことができます。しかしながら失敗してしまう人は後を絶ちません。その原因はどこにあるのでしょうか。具体例を見ていきましょう。

人の言うことを鵜呑みにしてしまう


まず絶対にしてはいけないのが、人の言うことをそのまま鵜呑みにしてしまうことです。不動産投資を勧めてくる不動産会社の営業マンの中には、自分の成績のことを優先し、とにかく売ることのみを考えている人もいます。売った時点で彼らの目的は達成されます。いくら彼らがこの物件で利益を得られる可能性が高い、と言ってきても都合のいい数字を並べているに過ぎないということもあるのです。もちろんそのような業者は一部ですが、本当に成功するのか、営業マンが提示する数字は正しいかどうかを自分で確認せずに、無条件に信じて込んでしまう人は失敗する可能性が高いです。

自分の行動に責任を取れるのは、自分しかいません。自分の決断の結果は自分が受け取ることになるのです。また投資において、必ず儲かるという言葉をセールストークに使うことは禁止されており、そのような営業マンを信用してはいけません。

儲かる可能性が高い物件だとしても、収益を生むかどうかは運営によるところも大きく、これがおろそかならば収益は望めません。自分で考えて調べたり工夫したりすることなく、単に物件を買えば儲かると信じているような人は、投資に向いていません。投資マンションを買っても失敗する可能性が高いでしょう。

空室対策、保守管理などの努力を怠る


マンション投資のセールストークのひとつに、不労所得が得られるといったものがあります。確かにマンション管理は手数料を払えば、管理会社に集客から集金、そしてトラブル対応など全てを任せることも可能です。手間がかからないというのは不動産投資のメリットになりますが、だからといってオーナーたる自分が何もしなくていい、と思い込んでしまうような人は、不動産投資で失敗する可能性が高いかもしれません。

空室が発生した場合、単に管理会社に責任を問うだけではなく、なぜ自分の所有物件に人が興味を持たないのか、住みたいと思わないのかという原因を考えていかなければ、根本的な問題の解決には繋がりません。また一戸目は管理会社に運営を任せて成功したとしても、そこからノウハウを吸収する姿勢がなければ、二戸目以降の成功はおぼつかない、ということです。

基本的に、管理会社はあくまで任されたことをこなすのが仕事です。物件をどのように運営していくか、どうやって集客をしていくか、設備の改善や物件の改修を考えるのは大家の仕事です。空室対策、保守管理などは、大家が主体的に考えていかなければいけません。まったく手間をかけずに不労所得を得るというのは非常に難しいのです。管理会社の中には、大家の利益を最大化するために修繕費を安く済ませたり、設備改善の提案をしてくれたりするようなところもあります。そのような業者と付き合うべきです。

数値管理が苦手


不動産投資は大金を動かす投資だけに、高い数値管理能力が必要です。例えば、「マンション投資は節税効果があるので、あえて利益を出さなくてもいい」といったセールストークに乗せられて、マンションを立て続けに購入してしまう人もいます。しかし投資本来の目的は、その物件を所有することで利益を出すことにあるはずです。その節税は本当に自分の利益になっているのか、実はキャッシュフローを全く生んでいないのではないかなど、数字を細かく管理することが必要です。

また、収益性の低い物件や、このまま所有していても利益を生み出すことが難しい物件を持っていれば、手放して収益を改善する必要があります。このためにも数値管理は重要であり、数字に対するセンシティブな感覚も大家業には必要です。細かい数字の管理をしたくない、なんとなく儲かっているようにみえるのでこのままでいいというどんぶり勘定では、大家として成功することは難しいでしょう。

失敗しないためには、経営努力を怠らないこと


大家は不動産賃貸業の経営者であり、数値管理能力、判断力、決断力、そして利益に対する貪欲な姿勢が必要です。営業マンからアドバイスを貰いながらも、自分自身でもセミナーや本などで正しい知識を身に着けた上で、投資マンションの購入を検討するべきです。
不動産投資からのリターンを考えたら、努力する価値が十分にあるはずです。
 

 

【オススメ記事】
高利回りを狙う人に中古マンション投資をおすすめする理由
マンション経営が赤字になったときの対策3つ
マンションオーナーがすることは?購入から確定申告まで
マンション投資で大失敗しないために知っておきたい事例
確定申告で家賃収入がバレる?副業禁止規定は大丈夫?

PREV 中古一棟マンション投資はどの地域をねらう?エリア選びのコツ
NEXT 中古マンション投資における収益物件の選び方3つのポイント
content.jpg

関連記事

セミナー情報

seminar_schedule_0613.jpg

プラスで運用する中古区分マンション投資~なぜ中古一棟専門業者が、中古区分を扱うようになったのか~

開催日程:2018/07/18 19:00~21:00
会場:東京/ベルサール三田 room3

詳しく見る▶

出口戦略攻略!!中古1棟マンションセミナー

開催日程:2018/06/16 13:00~15:00
会場:東京/ベルサール三田 ROOM3

詳しく見る▶
side.jpg

公式Twitterアカウント